車を買うときは長いスパンでよく考える

 自分が乗っている車が古くなって新車を買う場合、その車が壊れてから新車を買うのでは遅いと私は思っています。

なぜならば、新車というのは買ったその日からすぐ乗れるというわけではなく、納車するまでにだいたい約1、2週間くらいかかるという話を聞いたからです。
ですので、古い車が壊れてしまってから新車を探すのは遅く、車を買い替えるときには計画性をもって買い替えることが必要なのです。

 そして、それはそういった物理的な理由はもちろんのこと、金銭的な理由においても言えることです。

 車というのは、たとえ中古車であってもちょっとやそっとで買えるものではなく、ローンであってもやはりある程度はまとまったお金が必要です。
ですので、少なくとも車を買う半年くらい前からは毎月少しずつ新車を買うための貯金をしていかなければならないと思います。

 何にせよ、車を買うときというのは、突然車を買うのではなく、ちょっとずつ準備をしながら長いスパンで車を買うことを考えなければいけないと私は思っています。

カテゴリー: 自動車   パーマリンク

コメントは受け付けていません。