中国大革命の前夜

今、中国では19世紀のフランス人の書いた「旧体制と大革命」という本が書店では売り切れが続出するほど売れているそうである。

フランス革命の前は、特権階級が、人民の苦しみを放置し、独占的な自分たち利益のために特権にしがみつこうとしていた「旧体制」に、不満を爆発させた人民が大革命へと発展させていくのであるが、まさに、貧富の格差と役人の汚職が深刻化する現在の中国と非常に類似しているかららしい。

いくら中国とはいえ、これだけの情報が世界中に氾濫する中で、中国共産党の一党独裁と幹部の腐敗政治が続く「旧体制」を中国国民はよしとするのか、いつか不満が爆発をして大革命が起こるのか、中国における大革命とは、アメリカ、日本と違って現実味のある話である。

カテゴリー: ニュース解説   パーマリンク

コメントは受け付けていません。